なんとなく加入している保険

夫がある本で読んだ内容をざっくりまとめると 日本は保険の加入率が異常に高いらしいとのことです。
さてそれは本当なのかとインターネットで検索してみると 同内容の結果が出てくる出てくる! 「保険大国日本」をいう言葉も出てくるほどです。

保険量の支払額は世界でアメリカに次いで第2位。 でも…アメリカと日本って人口も全然違うことを考えると 相当多いということですよね。
なぜそのような結果になっているのか、 分析結果として出ているものをいくつか挙げてみると

  1. 国民性…みんなが加入しているなら自分もという右習えな姿勢。 勤勉で貯蓄好き。
  2. 保険会社の販売力 多数の営業を駆使している。
  3. 国も保険にはいることを推奨している。

などなど。 たくさんの結果が出てきます。 保険の加入率が高い、支払い額が多いこと自体は悪いことではないと思いますが 問題視されているのが、ここまで保険が盛んな国なのに 加入者が自分がどのような保険に加入しているのかをわかっているケースが少ないということ。

みんな「なんとなく」保険に加入して「なんとなく」大金を支払っている事実です。
言われているとドキリ…自分も 「結婚したし、世間の常識的にとりあえず加入を考えてみる?」 といった感じで生命保険に加入しました。

生命保険は人生でも大きな買い物の一つです。 大きな金額を支払うのであれば、内容までキチンと理解して 自分に必要なものを選びたいものです。

任意保険 車の保険の一括見積もりで任意保険の最安値発見!
任意保険車の一括見積もり

実際の保険営業の厳しさ

注目

保険の存在。 日常生活ではめっきり関係がなさそう。 あって困る出来事なので、疎遠ということで・・・。
でもでも、保険って本当に大事。 何かあったときにはシミジミ実感。

保険ってありがたいよね~。 って絶対思いますよ。
後悔しない為にも、保険の存在は大事にしておきましょうね。

でもでも、保険ってどう選びますか? 色々種類もあって悩み所。
保険の営業さんのトークにはいろいろと左右されそう。 なんてったって口がうまい? 話し上手?
そうでないとやっていられないでしょう。

表はそんな感じですが、裏側は大変そうかも。
保険の営業。 好きでないとやってられないって。 根気が無いと長続きしないでしょう。
厳しい現実。 勉強も必死にしないといけない。

保険の内容の把握。 質問された場合、答えないとね。
保険って本当に専門的なので、さらっと流せないですよね。 気合入れて営業トークの術ですよ。

でもでも、そんな罠には要注意!
保険相談無料おすすめ

ペット保険の存在

ペット。 違った言い方をすると動物になるのかしら?? 自宅で何か飼っていますか??
癒しにもなるし、我が子のように可愛がっていますよね。 下手したら、我が子よりも可愛い?そんなことも考えられながら。
何を飼っていますか?

犬・猫なんかは定番ですよね。 金魚もペットでいい?? 今では爬虫類なんかも好きな人は飼っています。
でもでも、何を飼うのも準備が必要。 環境を整えるのは1番最初のお仕事かも。

動物が新たにやってくる。 今までとは違った環境に変化。 新鮮かつ、未知の世界・・・って事。
ペットを飼う。 それは、家の中で?それとも家の外で? そんなんでも変わってきますよね。

でもでも、どのみち大事な存在。
犬の保険。 聞いたことありますか??

ペットといえどもれっきとした生き物。 保障も大事って事。 保険もそれなりにある??
人間にも保険があるように、 ペットも人間とほぼ同等なんでしょう。
可愛さゆえに色々な出費。 まぁ、お金には変えられないって事でしょうね。

保険加入のきっかけ

保険に加入するきっかけは人様々だと思いますが 中には「友人が保険の営業をしていて…」「知り合いの紹介で」と いわゆる’つきあい’というもので保険に加入する人もいると思います。

もし実際保険に必要性を感じていて、タイミングが良い場合は問題ないと思いますが つきあいで加入すると色々と面倒なこともあります。

まず退会しづらいこと。 家計に何らかの問題が生じた時でも相手に気を遣いますし その保険に必要を感じなくなったときでも、なかなか言い出しづらいところがあります。

また中には困った営業の人もいるとか。 友人から聞いた話なのですが、もう何年も付き合いのなかった知り合いから電話がきたことがあり、 その人は保険の営業をしていて、なんとなく断りづらくて加入したそうです。

しかしその知り合いはしばらくすると会社やめてしまい、後任の担当者とのお付き合いが始まった。 その後任の方はとても親切で丁寧な方だったので、特に不満もなく保険を継続したそうなのですが 数年後、またその知り合いから連絡が入り 「また違う保険会社に入社したから、自分のところに入りなおして欲しい。」とお願いされたそうです。

保険はとても大きな買い物です。 そういった大切なもので、振り回されるのは気分が悪いですよね。 もちろんその友人は新しい保険に加入するのは断ったそうですが それでもいい気分のすることではありません。

人の縁は大切ですが、仕事と絡めるととたんにややこしいことになりまねません。 ’つきあい’で保険に加入するのは少し考えた方がいいかもしれませんね。生命保険と任意保険

高血圧でも保険に加入できる?

血圧が高い人というのは、結構多いのではないでしょうか?
そして、血圧を下げる薬を飲んでいる人もたくさんいると思います。
そんな人に心配なのは、「生命保険や医療保険は普通に入れるのだろうか?」という事だと思います。
保険には入りたいけれど、血圧が高く、薬も飲んでいるし加入させてくれるのだろうか・・・と考えている人はいませんか?
ここでは、血圧を下げる薬を飲んでいても保険に入れるのかどうかをお話します。

まず、最近では血圧が高くても、血圧を下げる薬を飲んでいても加入させてくれる保険会社はたくさんあります。
断る保険会社の方が少ないくらいです。
ですが、保険に入る時にすごく詳しくいろいろな事を聞かれます。
例えば、良く行く病院の名前や、薬は何錠飲むのかなどです。
血圧が高い、薬を飲んでいることを隠して保険に入る人もいますが、大抵は保険料を貰う時にばれて、告知義務違反と言われてしまいます。
そんな風にならないようにきちんと申告をしておきたいですね。
高血圧でも加入できる保険はたくさんあるので一度、保険相談無料サービスを利用してみてはいかがでしょうか。保険相談って

保険の話

昔は保険に加入するといえば、対面販売が基本でしたが今はネットでも気軽に加入できますよね。どっちがいいんでしょうか?
キチンと保険屋さんの話を聞いてからの方がいいのか、それとも自分で調べた方がいいのか。前者の場合、キチンと信用できる営業さんでないと心配ですよね。

ネットなんかで「自分の利益ばかりを追求して、お客さまにとってあまりよろしくない商品を勧める営業がいる。」的な文章を目にしてしまうと、はたして自分に信用できる担当者がついてくれるのかとても不安になります。

後者の場合、自分もそれなりの保険の知識を身につけないといけないですよね。
曖昧な知識で保険に加入して、後になって「こんなはずじゃ!」ということにならないように
キチンと下調べをする必要があります。

どちらも一長一短!
人を信用するか、自分を信用するか。

私は結局対面販売で営業さんに話を聞いて加入しましたがやっぱり事前に色々調べもしました。難しいですよね。
自分にとっても人生でとても高い買い物ですから。
営業さんの話は基本信じていますが、自分で調べる姿勢も忘れないようにしなくては、と思います。
保険見直し相談ナビ

保険の体験談 3

最近は、「○年毎に○万円」というものがある保険会社をよく目にしませんか?
けれどそのお金を受け取れないトラブルもあるようです。
入院しても受け取れる!という言葉を鵜呑みにしない方がいいかもしれません。

これは私が知人に聞いた話ですが、三年毎に20万円が受け取れるという保険に入った女性がいました。その女性は保険に入って三年、何も無く過ごしていたので20万円が受け取れると思っていました。
手続きをして、あとはお金を振り込んでくれるのを待つだけになりました。
ですが、それから2ヶ月たってもお金をもらえる気配がありません。

女性はそこで、保険会社に電話をしました。
すると、「手続きをしていなかったので・・・」とのこと。
ですがその女性は手続きをしていたので、しましたと返事をしました。
そしたら、信じられないことにこう言ったそうです。

「僕がしてないと言うんだからもし、してたとしてもしてないんです。」

さあ、どうでしょうか?
ほんとだとしたらびっくりですよね。
更にそれからも延々と訳のわからない事を言っていたそうです。

手続きした事を証明しても・・・
「これは詐欺だ。」
「僕になんで従わないんだ。」
「ここでは保険会社が一番なんだから僕の言う事を聞け」
この話を聞いたとき、本当にそんなことあるの?と思ってしまいました。

知人が言うには結局、未だにその女性にお金は払われていないそうです。
保険相談 自動車免許今すぐ

保険の体験談 2

知人に、とてもひどい保険の担当者に当たった人が居ます。
皆がとても良いと話すような保険会社だったようです。

親族が病気で亡くなってしまいました。
保険金を貰う為、審査してもらう時からひどい言葉を投げつけていたようです。
「保険金がほしくて殺したんじゃないのか」
「保険金を出す、こっちの身にもなってくれよ」
この時点でひどいと思う人がたくさんいると思います。

数日後、無事に審査は通りました。
書類を書くために待ち合わせをすると、時間を過ぎても担当者はきません。
電話をすると、「今起きたからもう少し待っていてくれ。」
結局書類を持ってきたのは約束の1時間30分後・・・
申し訳ありません、という一言も無い。

良く見ると、名前が間違っていたそうです。
我慢が出来なくなって、保険会社に担当を変えてくれるように頼んだそうです。
そうしたら、担当者が逆切れして、暴言を吐いて帰ってしまったそうです。

次の担当者はとても良い人で、すんなり手続きをしてくれたというので一安心ですね。
親族が亡くなってただでさえ辛い時期にそんなことが無いように、
人柄をみたり、きちんとした人を担当者にしてくれるような保険会社を選びたいですね。

保険保険相談と自動車免許、引越し

保険の体験談 1

保険に加入している人がどんな時に「保険に入っていてよかったー!」思うのでしょうか?
実際に体験談を見てみましょう。それで、保険の大切さを分かってくれる人がいれば嬉しいですね。

私の父親が病気を患い入院した時の事です。家庭は両親と子供が3人の家庭でした。
家で働いているのは父親だけで母親は専業主婦だったのです。

それまでは両親共に大きな病気になったことが無かったので保険に入っている事すら
忘れてしまいそうだったそうです。

そんなある日、父親が病気になり、入院してしまいました。
入院期間は、2ヶ月です。
働いているのは父親だけだったので母親はあせりました。
なんと、治療費と入院費で500万円程かかるというのです。

どうしようと考えていると、ふと保険に加入していた事を思い出しました。
すぐに審査をしてもらうと、翌々日には審査が通り、殆どの治療費と入院費が保険金で賄えました。その時は、父と母、二人でとても安心したそうです。

こんな風に、今まで病気になどなった事が無い人でも急に倒れてしまったり、入院してしまったりするのです。不安になってしまう人は保険に目を通してもいいかもしれませんね。

保険相談の詳細

保険の無料相談

皆さんは保険に加入する時にどんなものを参考にしましたか?
自分で考えたという人も多いのではないでしょうか。
ですが、保険の事が良くわからなくて誰に相談していいのかも分からない・・・という人もいるのではないでしょうか?

私がオススメするのは、保険の無料相談です。
何処の会社でも、やっている所が殆どではないでしょうか?
しかし同じ無料保険相談でも相談相手が固定の保険会社に所属するFPなのか、フリーのFPなのかによって結果が大きく違ってきます。
固定の保険会社所属のFPは自分が所属する会社の保険しか紹介できませんが、フリーのFPはいろんな保険会社の多くの保険商品から良いものをセレクトして提案する事ができます。
それを利用して保険についての悩み事を解決できます。

しかし無料相談とはいっても、相手はあわゆくば保険に入ってほしい訳ですから相談の後にプランを紹介すると思います。それは、お仕事なので仕方が無いと思ってあげてください。
まだ保険に入りたくない時ははっきりと断ってもいいのです。
それがなんとなく出来ない・・・という時はのらりくらりとかわしてしまいましょう。

保険は、初心者にはとても難しい事だらけですよね。
自分一人でプランを練ったり、保険会社にまかせっきりでは損してしまうかもしれません。
一度で良いので、相談をしてみればなにか良いプランが思いつくかもしれませんよ。

保険相談 借金相談