なんとなく加入している保険

夫がある本で読んだ内容をざっくりまとめると 日本は保険の加入率が異常に高いらしいとのことです。
さてそれは本当なのかとインターネットで検索してみると 同内容の結果が出てくる出てくる! 「保険大国日本」をいう言葉も出てくるほどです。

保険量の支払額は世界でアメリカに次いで第2位。 でも…アメリカと日本って人口も全然違うことを考えると 相当多いということですよね。
なぜそのような結果になっているのか、 分析結果として出ているものをいくつか挙げてみると

  1. 国民性…みんなが加入しているなら自分もという右習えな姿勢。 勤勉で貯蓄好き。
  2. 保険会社の販売力 多数の営業を駆使している。
  3. 国も保険にはいることを推奨している。

などなど。 たくさんの結果が出てきます。 保険の加入率が高い、支払い額が多いこと自体は悪いことではないと思いますが 問題視されているのが、ここまで保険が盛んな国なのに 加入者が自分がどのような保険に加入しているのかをわかっているケースが少ないということ。

みんな「なんとなく」保険に加入して「なんとなく」大金を支払っている事実です。
言われているとドキリ…自分も 「結婚したし、世間の常識的にとりあえず加入を考えてみる?」 といった感じで生命保険に加入しました。

生命保険は人生でも大きな買い物の一つです。 大きな金額を支払うのであれば、内容までキチンと理解して 自分に必要なものを選びたいものです。

任意保険 車の保険の一括見積もりで任意保険の最安値発見!
任意保険車の一括見積もり

コメントは受け付けていません。