保険の体験談 2

知人に、とてもひどい保険の担当者に当たった人が居ます。
皆がとても良いと話すような保険会社だったようです。

親族が病気で亡くなってしまいました。
保険金を貰う為、審査してもらう時からひどい言葉を投げつけていたようです。
「保険金がほしくて殺したんじゃないのか」
「保険金を出す、こっちの身にもなってくれよ」
この時点でひどいと思う人がたくさんいると思います。

数日後、無事に審査は通りました。
書類を書くために待ち合わせをすると、時間を過ぎても担当者はきません。
電話をすると、「今起きたからもう少し待っていてくれ。」
結局書類を持ってきたのは約束の1時間30分後・・・
申し訳ありません、という一言も無い。

良く見ると、名前が間違っていたそうです。
我慢が出来なくなって、保険会社に担当を変えてくれるように頼んだそうです。
そうしたら、担当者が逆切れして、暴言を吐いて帰ってしまったそうです。

次の担当者はとても良い人で、すんなり手続きをしてくれたというので一安心ですね。
親族が亡くなってただでさえ辛い時期にそんなことが無いように、
人柄をみたり、きちんとした人を担当者にしてくれるような保険会社を選びたいですね。

保険保険相談と自動車免許、引越し

コメントは受け付けていません。